COLUMN

石鹸OEM 石鹸製造設備導入のご依頼について

はじめに

石鹸・化粧品において一言にビジネスと言っても非常に多くの意味合いがあります。
大きく分けて以下の2通りあるかと思います。

  • 石鹸・化粧品を自社で製造せずにOEM製造し、販売に専念する場合
  • 石鹸・化粧品を自社で製造し販売する場合

※化粧品製造業許可及び化粧品製造販売業許可につきましては後日詳しく述べさせて頂きます。

本日は石鹸や化粧品を自社で製造する場合に、特に最近お問合せが多い石鹸の製造設備についてお話したいと思います。

石鹸製造設備導入について

自社で石鹸を製造する場合には以下の基準によりどのような設備を導入するのか決まってまいります。
※ざっくりと大きな基準(抜粋)ではございますが、実際はより詳細な打ち合わせをして判断していきます。

  1. 石鹸素地(せっけんそじ)を自社で製造するのか?仕入れるのか?
  2. 石鹸素地を自社で製造する場合には、どのような製造方法をするのか? ※参考コラム 鹸化法か中和法かの違い
  3. 石鹸素地を仕入れる場合には、機械練り方式で製造するのか?枠練り方式で製造するのか?
  4. 機械練り方式の場合には月間どのくらいの生産数を見込むのか?小ロット対応か大ロットまで対応するのか?
  5. 枠練り方式の場合には、カット後に金型成形までするのかどうか?
  6. 手作り方式のコールドプロセス製法が良いのか?

上記のような基準に照らし合わせながらクライアント様のご希望に最適な設備をご提案してまいります。

日本で設備を製造し導入する場合もあれば、予算により海外製の設備をご提案する場合もございます。

まとめ

当センターは石鹸・化粧品本体のOEMだけではなく、広く化粧品ビジネスに関連するコンサルティングを承っております。
石鹸の製造設備導入でお困りの方やその後のビジネス展開まで広くサポートさせて頂きます。

何かお困りな事があればお気軽にお問合せ下さい。
宜しくお願い致します。

毎月限定5社 OEMのプロがトータルサポート
毎月5社限定
OEMサポート
PAGE TOP